薬剤師紹介会社ランキング

年収900万以上の薬剤師求人情報を探すなら!?

薬剤師の年収は、職種によって、変わってきます。病院・調剤薬局は飛びぬけて高いというわけではなく、それなりにキャリアを積んだ30代後半でも、年収は700万円が限度です。

高い年収が期待できるのが製薬会社です。大手企業と同じく、大手製薬会社の場合、30代前半でも年収900万円を超えは、ザラ。従業員数が6000人程度の企業でも、年収800万円いきます。製薬会社における40歳の平均年収は900万円以上が多いです。ドラッグストアもまた、大手のところで、本部勤務の役職付き薬剤師で年収1000万円くらいです。ですので、新卒でやりがいより給与という男子は、製薬会社・ドラッグストアに流れるのです。容易に年収900万円を超えができるからでしょう。

ただ、製薬会社・ドラッグストアは、薬剤師資格・知識・スキルを活かせる職種ではありません。営業職・店のマネージメント・管理職です。給与とやりがいを天秤にかけて、どちらを優先するのかが問題でしょう。それが両立するのは、国公立病院の薬剤部長。年収1000万円くらいです。ですが、若い頃はかなりの薄給ですし、勉強して試験を受けないといけません。

製薬会社・ドラッグストアであったとしても、入ってすぐ年収900万円もらえるわけではありません。その企業でキャリアを積んで、結果を出すならば、年収900万円か、それ以上もらえるわけです。年収900万以上の薬剤師求人をというスタンスの人は、製薬会社・ドラッグストアへの転職がいいでしょう。

しかし、忘れてはいけないのは健康でなければ、働き続けられないという事実。高収入の製薬会社・ドラッグストアは、結構ストレスフルなのです。大手製薬会社のMRは、プライドの高い医師相手に神経をすり減らします。平均勤続年数はなんと6年。多くは、収入が減ってもいいから、ストレスの少ない調剤薬局などに転職したりします。ドラッグストアも品出しや広い店内を走り回るなどの肉体労働です。役職が付いて、肉体労働は無くなっても、今度は店舗マネジメントなどが、かなり神経をすり減らすものなのです。ストレスから体調を崩して働けなくなれば、病院や調剤薬局に勤めている薬剤師には、生涯賃金で負けてしまいます。若いときは、年収900万以上の薬剤師求人という言葉に惑わされがちですが、高い給与には、わけがあるのですよ。

なお、僻地は年収900万以上の薬剤師求人は散見されます。ですが、不便なので車の免許が要りますし、家庭を持っているならば子供の進学なども大変です。

年収900万以上の求人多数!人気の薬剤師求人サイトをご紹介!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング