薬剤師紹介会社ランキング

動物病院の薬剤師求人を探すなら!?

最初にはっきりとしておかなければならないのが、動物に用いられる医薬品は、動物用医薬品として区別されており、人間に用いられる医薬品とは別物である、ということです。動物用医薬品に薬剤師が関わるのは限られ、主には製造や販売などの現場となります。正直、臨床の場においては、まだ薬剤師はあまり活用されていないのが現状といえます。ペット人口がますます増え続けている現代、個人で開業されている動物病院なども多く見かけるようになってきています。果たして、それに比例して、薬剤師が活躍できる場も増えていくのでしょうか。もう少し詳しく、その現状を調べていきましょう。

最近では、大きな動物病院や、大学の附属動物病院などでは、より効率的に、そして効果的に診療をおこなうために薬剤師が採用されることがあるのです。かなり稀なことではありますが、動物病院に隣接した薬局などでの求人もあります。動物用医薬品や動物の病気、そして、動物の種類などによって異なる薬物の動態についてなど、臨床の現場で、役に立つ動物用医薬品についての正しい知識をもっと薬剤師が学ぶ環境があれば、動物の医療現場においてもっと活躍する機会も増えてくるかもしれません。

現状において、動物用医薬品に携わる薬剤師の仕事で多いのは、動物用医薬品を製造している医薬品メーカーにおける仕事、そして動物用医薬品を販売している企業での仕事、さらには動物用医薬品を扱う卸売業での仕事になります。動物用医薬品の中で、指定医薬品を販売する場合、店舗管理者として薬剤師を常に駐在させなければならないことが、薬事法で定められているからです。指定医薬品には、毒薬や劇薬、抗生物質やホルモン剤などの薬物で、動物用医薬品等取締規則によって詳細が定められています。

さて、これらはいずれも企業での管理薬剤師としての仕事になり、就業経験、英語力などはとても歓迎されます。メーカーの場合は、管理薬剤師だけでなく、薬事申請業務や、DI業務での募集もたまに見受けられます。

動物用医薬品に携わる仕事がしたい、と思っても、とても希少な案件になりますので、まずは、求人が出るのを待たなくてはならないことが多いでしょう。就職斡旋会社などに、その旨を事前に話しておくのもよいかもしれません。

この場合、企業からの募集の可能性が一番高いと思われるので、就業経験を積むために、動物用医薬品とは直接には関係なくても、企業に転職しておくのもよい方法かもしれません。

動物病院の薬剤師求人は人気サイトで探そう!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング