薬剤師紹介会社ランキング

京王線沿線の薬剤師求人情報

京王線は、本線が新宿-高尾を結ぶ路線で、調布駅からJR横浜線橋本駅まで延びる相模原線があり、多摩ニュータウンを走っています。全般的に本線・相模原線とも沿線はベッドタウンです。

駅周辺は、商業施設が充実しています。ゆえに、駅近の調剤薬局・ドラッグストアも多くあります。とりわけ、本線の笹塚・調布・府中・八王子、相模原線の京王多摩センター・南大沢駅などは、駅の周辺が一大商業エリアです。勤務ついでの買い物だけでなく、銀行や郵便局などの、ほかの施設の利用にも便利です。

ですので、薬剤師には、かなりの人気で、薬剤師求人サイトでも京王線沿線の薬剤師求人特集を組んでいるくらいなのです。ほぼ平行して走っている中央線とも共通しているのですが、上りへ向けての通勤は、通勤ラッシュにあいます。ですが、職場が下り方向ですと、かなり楽ですね。薬剤師の中には、この通勤ラッシュを避けて、下り方面へ通勤となる職場を探すケースも。おまけに、京王線は中央線ほど乗車数が多くはないので、京王線沿線をあえて探してみる、という選択肢もアリだと思われます。都心に住んでいる人は、仙川駅など以降を検討すると、そうなります。

京王新宿駅は、多くの路線の連絡があって、しかもJR東京総合病院など大き目の医療機関が多い区なので、調剤薬局では、どんな処方箋がくるかわかりません。ドラッグストアは、繁華街にあるゆえ、遅くまで開いています。夜は時給がいいので、検討してみる人もいます。調剤併設ドラッグストアなどもあります。京王線沿線のほかの駅では、それほど大きい医療機関はないです。

調剤薬局は、ほとんど、駅前か駅に近いです。この京王線沿線の薬剤師求人で、車が要るような場所というのは、まずないでしょう。駅前の病院での、薬剤師求人もあります。正社員の調剤薬局勤務の場合、年間休日120日は、確保されているところが多いです。キャリアアップのための資格取得支援があるところも。そういうところで、総合病院門前を選べば、勉強になりますね。

主婦の薬剤師の場合は、内科など少ない科目の診療所門前、処方箋が1日100枚以内、扶養内勤務や、午前・午後のみ勤務、多くの薬剤師が常勤で融通が利く、離職率が低いところを選べばいいのではないでしょうか。ほかのおすすめの条件としては、紹介予定派遣、未経験OK、電子薬歴、育児支援体制充実、配属先の希望優先、転勤・異動なしなどがあります。

京王線沿線の薬剤師求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
薬キャリ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング