薬剤師紹介会社ランキング

JR山手線沿線の薬剤師求人情報

JR山手線沿線には、基幹病院が多いです。上野駅-秋葉原駅周辺では、東大病院をはじめとして、多くの大学病院があります。従って、そこからの処方箋を受け付ける調剤薬局も多いです。なお、新橋駅近くには、慈恵医科大学病院。新宿駅近くには、JR東京総合病院。恵比寿駅近くには、東京共済病院などの大きな病院がたくさんあります。

東京駅・新宿駅はJR中央線、新宿駅は京王線、渋谷駅は東急田園都市線・東急東横線、秋葉原駅はJR総武線沿線、池袋駅は東武東上線、大崎駅はJR横須賀線のターミナル駅になっていて、その沿線沿いの医療機関の処方箋が来るのが予想されます。また、山手線各駅はほとんど、私鉄か地下鉄の乗り継ぎ駅になっていて、その沿線からも処方箋は来るでしょう。

また、東京・名古屋・大阪などの大都市の医療機関の特徴として、その病院でしか出来ない治療を求めて地方からも多くの患者様が来られるというものがあります。その病院でしか、リスクの高い手術が安全に受けらないという理由もあります。いきおい、処方箋が、それも、難しい処方箋が多くなってきます。ときに、電車の乗り継ぎが少ない駅で、クリニック門前で、単純な処方箋ばかりのところもあります。が、東京という場所の性格上、どんな処方箋がくるかわかりません。

それに加えて、繁華街ゆえにドラッグストアも多いです。調剤が無いところで高い時給というならば、JR山手線沿線のドラッグストアで、人手の足りない夜間に行くという、選択もありです。そう、JR山手線沿線では、病院・調剤薬局・ドラッグストアと、あらゆる選択肢があるのです。薬剤師求人サイトでは、沿線別の薬剤師求人情報をよく特集しているのですが、JR山手線沿線は、真っ先に挙がっていますね。その中でも高い年収・時給、土日休み、育児中OK、転勤無しなど、希望に合う求人を選択できる幅がかなり広いです。

一番多いのは、総合病院から一日平均枚数380枚が来るというハードな調剤薬局です。保有している薬品数は、2500はあったりします。まあまあの大都市でも、薬品数が1000のところが多いのですが、それ以上です。そのかわり、年収も、最低でも650万円と、キャリア志向の薬剤師向けでしょう。

たまに、主要科目が内科・小児科のクリニック門前で、処方箋枚数が100枚位で医薬品が1000程度のところもあります。ですが、そういうところでも、難しい箋枚数は来ます。

JR山手線沿線の求人をお探しならこのサイト!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
薬キャリ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング