薬剤師紹介会社ランキング

企業の薬剤師求人情報を探すなら!?

薬剤師の資格を活かして働く場所はドラッグストアや病院、クリニックだけではありません。製薬会社など企業に勤務する薬剤師という仕事もあります。一般的に薬剤師というと薬局で調剤しているイメージが強く薬剤師の経験を活かせる場所であることは間違いありません。企業に勤務する薬剤師の仕事内容は、企業によって大きく異なるのが特徴です。大きな企業になると同じ薬剤師でも違う部署で働くなんていうことはよくあります。

企業で働く薬剤師の仕事としては、営業、治験、学術、研究開発などに大きく分けられます。営業といっても薬剤師が物売りに徹するというのではなく、製薬会社の営業とはドクターなどが相手となるので、薬の知識が豊富でないと説明ができません。そして、安い高いということは販売の決定力ではなく、どんな効果があり副作用は少ないのか、いままでにない新薬なのか、というあらゆる面から決められます。

このような説明ができるのは薬剤師しかいません。薬剤師の営業はMRと呼ばれて、医薬情報担当という位置付にあります。しかし、結果的に注文を受けることになるので一般的な企業でみると営業というポジションになります。製薬会社では営業とは言わずにMRと呼ばれるのが一般です。

また、治験部門で勤務する場合は、新薬の開発段階で薬を試してもらうことに携わり、その結果をデータにして最終的には新薬が世の中に出るまでの道筋を作っていきます。厚生労働省などに認可してもらうのも治験部門も薬剤師の仕事です。治験も薬剤師として資格を活かして働けるやりがいの多い仕事といえます。

学術として勤務する場合は、英語力も必須となりますが、主に海外の研究などの文献を翻訳して企業として使うことができるレベルにすることです。これは日本だけにとどまらず、いろんな国の研究を読み解くことができるので、薬剤師として視野を広げることができます。

研究開発で仕事をする場合は、新薬を開発することが多く、常に研究しながら新しく効果の高い医薬品を作り出すことが主となります。調剤の楽しさを超えた仕事ではないでしょうか。 しかし、人が面白いと思った仕事をみんなが面白いとは思わないのが実情で、調剤を希望する人は新薬開発なんて荷が重すぎるといったこともあります。

どんな仕事をしたいかということを明確にしないと、薬剤師=調剤ということだけではなく、これからはもっと高齢化社会に薬剤師が溶け込んでいくことになるでしょう。 こんな時だからこそ、こんな仕事は自分には不向きであるということなどを是非、知っておいてほしいとおもいます。転職就職紹介サービスなら適正試験などをしてくれるところもあり、仕事選びに迷ってしまったら是非利用したいです。登録料や利用料は無料で一切費用が掛からないのがポイントです。

企業の求人なら薬剤師紹介会社で!好条件の求人多数!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング