薬剤師紹介会社ランキング

化粧品会社の薬剤師求人情報を探すなら!?

薬剤師の資格を持った方の中には、化粧品会社に就職したいと希望している方も多いのではないでしょうか。それでは、薬剤師は転職で化粧品会社を目指す場合、どのような手段を駆使すればよいのか考えてみましょう。薬剤師の転職で、化粧品業界を目指したいとなると、その職種は限られたものになります。基本的に「研究」か「品質管理」の分野となるでしょう。もちろん、商品の開発や製造、そして販売員など、多くの仕事がありますが、薬剤師向けの転職サイトに募集が載せられていることはあまりありません。ここでは、薬剤師の有資格者が、転職先として選ぶ可能性の高いものについて説明してみます。

薬剤師が転職して、化粧品会社に行きたいということには、女性であればやはり自分の関心と興味のある化粧について研究してみたい、ということがあるでしょう。また、男女共通としては、過去に大学なので行った研究が、化粧品に応用されている、もしくは応用してみたい、などといった理由もあるかもしれません。決して、どちらが良い、ということではありませんが、薬剤師が化粧品会社に就職したいのであれば、その職種の幅は大きく広がることもありますが、「研究がしたい」となると、それはとても狭き門として知られる化粧品会社の「研究職」を目指すことになるので、非常にハードルが高くなるかもしれません。

現在、化粧品の業界においては、オーガニックなものや身体に優しいものをつくる傾向にあり、多くの転職を希望している薬剤師が、過去に物理や化学、そして生物関連の研究をおこなった経験がある自分は、とても有利なのではないか、と思いがちです。しかしながら、実際にはそんな簡単な問題ではないのです。化粧品というものは、医薬品ではないので、薬剤師という薬事法にとても精通している、というイメージはあるものの、残念ながら、化粧品会社を目指す場合には、さほど大きな効力を発揮してくれないのです。

むしろ、薬剤師よりも、化粧品で多く使われているパウダーなどの粒子系をより小さくし、よりシミをカバーできる研究に役立てることができるのではないか、といった物理的な、どちらかと言うと工学部がおこないそうな研究であったり、より化粧品に配合するのに 良い成分を発見する、という農学部の研究が注目されたりと、薬剤師だから貢献できる、という印象を持たれないのが現状なのです。

そのため、薬剤師免許を持っているから、という理由だけを強みに面接に挑むと、想像以上に企業側がそこに興味を持ってくれず、がっかりすることも多々あるかもしれません。ただし、ここで仕事がしたいという熱意は大切です。

化粧品会社の求人なら薬剤師紹介会社で!好条件の求人多数!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング