薬剤師紹介会社ランキング

デスクワークの薬剤師求人情報

調剤は、立ってする仕事です。ドラッグストアでも、品出しや接客など、立ちっぱなし。立ち仕事がきつくなってきたら、デスクワークの職場を探してみるのもいいのではないでしょうか。

デスクワークで代表的なのが、CRO。CROとは、Contract Research Organizationの略で、製薬会社が行う治験業務を受託・代行する企業です。CROは、英語の略語が示すように、欧米で始まりました。日本では、ようやく1997年の薬事法改正による治験基準の厳格化で、導入されました。2013年現在、いくつかのCROが設立され、新薬開発は、必ずCROが治験業務をしています。CROは、臨床試験の企画の支援・モニタリング・データマネジメント・薬事申請・非臨床試験をします。

CROは増えていますが、まだまだ少ないです。MRや学術に比べれば、レアでしょう。そんなレアな求人を多くの薬剤師で取り合うわけですから、薬剤師求人サイトに登録して、非公開求人を見て、見つけたらすぐ応募しましょう。薬剤師でCROに入ろうと思ったら、CRCすなわち治験コーディネーターと言うのが一番多いです。CRAと言われる臨床開発モニター、あるいはデータマネジメントであるDMなどもあります。この内どれがいいのか?はっきりしておかないと、薬剤師求人サイトを利用する際でも困ります。

CRC:治験コーディネーターは、治験患者・治験参加者へのインフォームドコンセント、薬剤部門・検査部門・医師などのチーム内の調整、症例報告書の作成をします。CRA:臨床開発モニターは、新薬治験を病院に依頼し、治験の進行状況をチェックし、治験コーディネーターから提供された情報を製薬会社に報告します。治験がスムーズに予定通りに進行しているか?という仕事が一番大変であるようです。

CRA:臨床開発モニター募集の企業は外資系もあります。国際的な治験もあります。ですので、海外とのやり取りがあります。TOEICで最低でも700点以上英語力が必要になるのです。加えて、社外の人とのコミュニケーション能力が求められます。データマネジメント:DMは、治験データなどを整理・解析・体系化などをします。データを正確に処理しないといけないので、職人的に神経を使います。

治験とひとくくりに見られがちですが、内容は職種によってかなり違うのです。能力や好みに合わせて、向いていそうなところに行かないといけません。

デスクワークの薬剤師求人ならこのサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング