薬剤師紹介会社ランキング

英会話が活かせる薬剤師求人情報を探すなら!?

英語が堪能な人は、英語力を活かして働ける職場を探しているかもしれません。ただし、日本では、実際薬剤を取り扱う現場で、英語を使わなければならないケースはさほど多くはないでしょう。通常のドラッグストアや薬局での接客時での用途ではなく、企業での求人が主となるようです。

薬剤師で英語が話せる人の求人、となると海外で働く、との考えを持つ人も多いかもしれませんが、実際は、近代のグローバル化により、国内でも英語が使えないと仕事ができない、という特別な仕事も増えてきているようです。薬剤師にも同じ流れはあり、今の内から英語が活用できる仕事を見つけ、就職、転職しておきたいと考える人もいます。では、実際、英語を活かせる薬剤師の職場には、どんなものがあるのでしょうか。

薬剤師の英語、求人でその条件をつけるのであれば、CRO企業の求人がまずは候補にあがります。実際に、薬剤師専用の求人サイトを見てみると、薬剤師の求人広告を出しているCROが意外にも多くあることが分かります。

そして、これらの求人の中で特別な英語力を必要とする薬剤師の求人は、やはり外資系のCROだといわれています。日本でも大きな問題となっている、日本で開発されていながらその安全性などが審査され、世の中に出回るまでに長い時間がかかってしまうことから、海外において先に発売がなされてしまい、なかなか日本国内の患者に、新しい薬が届かない、という「ドラッグ・ラグ」という問題があります。

この重要な問題の解決策の1つとして、世界で同時に一斉に試験をおこなうことにより、効率的に臨床試験をおこなう、という手段が主流になってきています。そのため、特に外資系のCROでは、薬剤師たちも、海外の企業と協力しあって試験を進めることが、とても必要になってきているのです。要するに、薬剤師にも英語でのコミュニケーション能力が求められる機会がますます多くなるのです。

一般企業と同じように、海外出張や、ビデオカンファレンスをはじめ、英語を使ったメールなど、薬剤師にも英語を使う機会はたくさんあるのです。そのため、中途の求人や、新卒求人の正社員入社試験においてもTOEICの試験の受験を課すなど、一定の英語力の基準を定める会社もとても多くなってきました。このことからも、薬剤師の英語を利用できる能力が重宝され、英語を活かせる職場環境である、ということが分かります。

将来のスキルアップのためにも、英語力を身につけることは、これからの時代、当たり前のこととなっていくのでしょう。転職支援エージェントに相談することは、早くよい求人に出会える近道かもしれません。

英会話が活かせる薬剤師求人情報満載!人気サイトをご紹介!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング