薬剤師紹介会社ランキング

老人保健施設の薬剤師求人情報を探すなら

今、薬剤師の転職先として注目を集めている職場があります。それは「老健」と呼ばれている高齢者向けの医療施設である老人保健施設です。医療や福祉のサービスを必要としている高齢者たちを収容する施設になります。自宅にて療養ができるようにするために、いろいろなサポート支援を実施しています。高齢化社会がますます進む中、老人保健施設における薬剤師へのニーズもますます高まってくるのではないかと考えられています。では、老人保健施設において薬剤師は、どのような仕事があるのでしょうか。

基本的には、老人保健施設であっても、本来の薬剤師のすべき仕事とあまり変わりません。まず、医師なども老人保健施設で働いているケースが多く、医者から医薬品が必要な患者への処方が出るはずですので、そこで医師の指示通りに、薬の調剤をおこなうのが仕事になります。そして、入所者に対し、服用の正しいタイミングで医薬品を配ります。入所者によって処方されている薬ももちろん変わってきますので、そこで間違った入所者に薬を渡さぬよう、細心の注意を払う重要な仕事でもあります。

また、患者によっては複数の医薬品を同時に服用しなければならない人もいるでしょう。その場合に、薬の飲み合わせで悪い組み合わせがないかをしっかりとチェックをすることも薬剤師としては重要な仕事です。場合によっては、深刻な結果をもたらす恐れもあるからです。

自らが薬を配るところもあれば、施設内にいる看護師が配るケースもあります。この時に伝達ミスがないよう綿密にスタッフ同士がコミュニケーションをとる必要があります。中には、点滴や注射が必要な入所者もいるかもしれません。その場合には、薬剤師が必要に応じて点滴や注射薬の調合をおこなうこともあります。

このように、老人保健施設では、数多くのいろいろな種類の薬剤を取り扱うことになり、中には、劇薬と呼ばれるような危険な薬剤も取り扱うこともあるのです。万が一、院内から持ち出されようものなら大変な事態になってしまいます。そこで、院内で保管している薬剤の管理なども、薬剤師が担当することになるのです。このように老人保健施設では、薬剤管理やその監督まですべてを薬剤師が担当するといっても過言ではありません。

老人保健施設を職場として働く薬剤師について、今一つイメージが湧かないという人もいるでしょう。その場合、転職専門のエージェントを利用してみるのもよい方法です。転職エージェントには、薬剤師の業界にとても精通しているコンサルタントがいます。彼らに尋ねれば、老人保健施設においての薬剤師の役割について、具体的に教えてくれると思います。

老人保健施設の薬剤師求人ならこのサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング