薬剤師紹介会社ランキング

準社員の薬剤師求人情報

準社員は、いわゆるパートです。正社員ではないので、8時間働かない場合も多いです。時給×労働日数=支給額になります。週30時間以上の勤務の場合、年収制の準社員となる場合も。たまに、ボーナスが出たり、遅い時間帯は時給がプラスアルファだったりします。門前薬局は残業が多く、残業手当てがあったりもします。ゆえに、休んだ分は支給額が減ります。

正社員ならば、休暇があっても、有給休暇範囲ならば、減りません。有給休暇を入れると、年間休日123日とかが多いです。ただ、準社員でもクレジットカードの発行ができ、各種保険完備。社会的信用も変わりません。

給料・賞与・責任の重さ・待遇などは変わってくるでしょう。ですが、仕事内容は、正社員とほとんど変わらない場合も。一般的な職業では、雇用者側の人件費削減に、人件費の安い労働者を雇います。ですが、薬剤師の場合は、子育て中、扶養内での就業など、その人の都合の場合が多いようですね。人員が足りてないので、できれば正社員として入って欲しいみたいです。フルタイムで働ける薬剤師は、歓迎される傾向に。薬剤師も看護師同様定着率が良くない=すぐやめる、という背景が、そこにはあります。

チェーン店の正社員でも、異動の場合も通勤範囲内で、転居しないといけない異動はないので、家庭を持っている場合は安心です。出産育児休業後も、復帰しやすいのは医療職ならではでしょう。都会では400万円-500万円の年収ですが、地方へ行くと、800万円の年収とかも。

準社員の薬剤師で多いのは、ドラッグストア。医薬品以外の品出しやレジはほかの社員がやってくれて、医薬品販売に専念できる環境も多いです。とにかく、薬剤師が居ればいいので、週1日・短時間から勤務できます。未経験でも、現場教育があるので、大丈夫です。時給は、都会で1800-2000円くらいですが、薬剤師の足りない辺鄙なところへ行くと、3000円とかあります。土日勤務は時給が、都会でもかなりいいです。調剤薬局でも、奇妙な話、この時給の相場は変わらないみたいです。調剤の方が、責任は重い気がするのですが。

準社員の薬剤師求人を探すためには、薬剤師求人サイトに登録しましょう。好条件のものが、非公開求人にあります。非公開求人は、薬剤師求人サイトに登録しないと見られない求人です。それを、見つけたらすぐ応募しないと、すぐにほかの候補者が来ます。加えて、コンサルタントに相談しましょう。見つけ方のコツなどを教えてもらえます。

準社員の薬剤師求人ならこのサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング