薬剤師紹介会社ランキング

夜勤がある薬剤師求人情報を探すなら!?

夜勤のある薬剤師の職場にはどんなものがあるのでしょうか。現在は、24時間営業のドラッグストアなどもあり、薬剤師として夜間に働くケースも出てきています。そして、根強い人気のある病院での勤務ですが、勤務体制などにおいて厳しい条件があると少し躊躇してしまいがちです。では、大きな大学病院のケースではどうなのでしょうか。

一般の病院に勤務する薬剤師には、夜勤や当直があることが想定されます。夜間でも、救急対応の必要もありますし、とてもデリケートな患者のケアなどでは薬剤師の働きがとても重要になることも多いからです。

いわゆる、病院の薬剤師として、患者の診察や治療、そして予後の管理などをメインにして働くところでは、通常の病院と同様に、夜間の勤務や当直がシフトに入ってきます。24時間体制であたるため、日勤と準夜勤、そして夜勤という3交代システムのところが多く見受けられます。または、日勤と準夜勤のみで、夜間はアルバイトの薬剤師などに依頼するケースもあり、求人内容に24時間体制の勤務と表記されていても、実際の勤務体制がどういうものであるかをしっかりと確認してみるのが賢明です。ただし、夜間勤務があったとしても、看護師や医師ほど業務量が多いわけでもなく、とてもデリケートな管理が必要な患者のケアや、緊急のケースに対応できるように常駐している、というパターンが多いのです。

研究の開発分野を中心に働いている薬剤師なら、夜間勤務が求められるのは少数派です。もちろん、臨床の現場にも関わるため、患者と接することになりますが、緊急性が高い治療に重きを置くのでなければ、日勤のみの勤務をおこなうこともできるでしょう。勤務時間も比較的一定のペースであり、残業もないことが多いようなので、ゆとりを持って仕事をしたい、と望む人にはとても向いているかもしれません。

このように、一概に大学病院勤務の薬剤師の夜勤体制にもいろいろあり、また、それぞれの部署によっても違いがあると言えるのです。しかし、患者治療をメインとしている業務の場合は、やはり当直もありますので、就職活動を行う際には、自分が夜勤シフトに入るようになるのかを、しっかりと確認しておくことが必要です。また、夜勤がある場合、固定のシフトでかなり定期的に入るのか、また、月に数日当直を行うだけなのかなど、勤務体制のシステムをしっかり確認することも忘れないようにしましょう。

このようなケースでも、転職支援エージェントを上手く利用することで早く仕事が見つかるかもしれません。

夜勤がある薬剤師求人情報満載!人気サイトをご紹介!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング