薬剤師紹介会社ランキング

OTC販売の薬剤師求人情報を探すなら!?

OTCとは「Over The Counter Drug」を略して表現したもので、ドラッグストアや薬局で販売している一般的な薬です。2006年に薬事法改正があり2009年より、薬剤師以外でも薬を販売することができるようになりました。しかし、これには限定があるので大1類医薬品の販売は薬剤師でなければなりません。

OTC販売は基本的にドラッグストアがメインで、薬剤師は薬に関しての疑問に回答したり、服薬方法をお伝えしたりしながら、適切な商品を紹介することが仕事になります。お客さまや患者さまが買おうとしている商品が、その人に合っているのか体質やほかの薬との飲み合わせも考えて、尋ねられたお薬と違うものをおすすめできるくらいの知識が必要です。

OTC販売とはこのようにお客さまや患者と対面して、カウンセリング販売することです。薬剤師しかできない仕事でもあり、今までの知識や経験をフルに使って、みんなの悩みを改善していくことができるやりがいのある仕事でもあり、薬剤師ならではの仕事といえるでしょう。最近のドラッグストアでは薬だけでなく日用品や飲食品などまで取り揃えているとこが多く、これらに関する商品知識も必要となります。薬剤師が正社員として店長になることもあり、その場合は薬剤師といえども薬の説明だけでなく、店舗の商品構成やパート、アルバイトの採用からシフト管理、さらには売上管理、コスト管理、仕入れに至るまで意識をしていかなくてはなりません。

コミュニケーション能力を開花させて、お客さまや患者を健康に導くことが薬剤師やドラッグストアの使命といえます。しかし、最近はドラッグストアも強豪店舗が増えて、サービス重視が品揃えの多さであったり、入店しやすくするといったことを目標とし、日用品を多く取り扱っています。ですから、OTC販売では薬剤師ならではの調剤などだけに集中できる場合は少なく、調剤室を併設したドラッグストアという形式になります。

仕事内容は薬剤師だから、薬剤師でないからという線引きもなくなり他の社員と同じような働きをすることが多いでしょう。薬剤師になったので、調剤に没頭したいという薬剤師もいればいろんな知識を得たい、サービス部分を強化したいなど、いろんな思いがあると思います。自分の将来像がどんなお店に合うのかということを考えて仕事探しをすることで、目標達成の近道となるでしょう。しかし、仕事というとやりがいだけあればいいのではない、という人も多いと思います。

やはり、仕事をしっかり評価してくれる企業であるとか、人間関係が温和である企業である、福利厚生がしっかりしている企業など、仕事探しはいろんな角度から考える必要があります。それには、まず情報収集が必要になってきますが、一人では限界がありますし時間もかかります。そんなときに利用したいのが就職転職紹介サービスなのです。あなた一人に専任のアドバイザーが付きますから、仕事探しをする人はこんな風に働きたい、こんな薬剤師を目指したいと、条件を提示するだけであなたにあった数社を紹介してくれます。もちろん気に入らないところは除いて興味のある企業だけ紹介してもらえるので、強い味方となるでしょう。

OTC販売の求人をお探しなら薬剤師専門の求人紹介会社が便利!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2017 薬剤師紹介会社ランキング