薬剤師紹介会社ランキング

新人応募可の薬剤師求人情報を探すなら!?

新人薬剤師あるいは新人医療関係者向けの薬剤師求人サイトに登録してください。そこには、新人薬剤師向けの求人情報が掲載されていて、新人薬剤師がリクルートするのが有利になっています。一般的な新卒の転職サービスもあるにはあるのですが、薬剤師で未経験者の転職は、薬剤師求人サイトの利用がいいでしょう。

なぜかと言うと、コンサルタントが薬剤師業界に明るく、疑問点に答えてもらえたり、適切なアドバイスがもらえるからです。希望条件などを積極的に話してみましょう。さらに、新人薬剤師に合った職種をコーディネートしてもらえる場合も。薬剤師求人サイトには、新人薬剤師以外にも、出産育児などのブランクや調剤未経験者の転職に役立つ教育制度があるところがあったりします。だから初めてでも安心ですね。ですが、再就職・転職の薬剤師の就職活動とは、新人薬剤師のそれは変わってくるのです。

薬剤師求人サイトに登録をすると、エントリーが簡単に行えます。地方から大都市へなど、遠方からでもメールのやりとりなどで就職活動できるのです。新人薬剤師の場合は、病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社など、行ける職種が多いです。新人薬剤師が欲しい業種であれば、あらゆる求人が掲載されています。よくある病院・調剤薬局はもちろんですが、治験関係など未知の職種も多いのですよ。一度見てみるのをおすすめします。

あとは、ソーシャルネットワーキングシステム、mixiやfacebookなどで、現役薬剤師の声を聞いてみましょう。大本営発表的でないリアルな声が聞け、就職活動には必ず役に立ちます。そこで新人薬剤師自身に合いそうな職場が見つかるかも知れませんよ。

新人薬剤師は、調剤薬局では歓迎されます。東京23区は無理ですが、少し郊外へ行くと、家賃補助が出たりして9万の部屋が2万で借りられたり、赴任してくる場合の引越し費用が負担してもらえたりします。

とりわけ、おすすめなのは、複数診療科から処方箋が来る調剤薬局。そういうところは、たいてい研修制度が充実していて、スキルアップができるようになっています。チェーン薬局合同の勉強会あり、参加すれば、最新の医療情報が得られます。そういうところで、自らのスキルを鍛えておけば、どんな処方箋にも対応できるようになります。さらに良い給与を求めて転職するのに有利になります。女性薬剤師で、出産育児によるブランクができたとしても、すぐにどこへでも再就職が可能です。

新人薬剤師の求人を探すならこのサイトがお勧め!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師登録はコチラ

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師登録はコチラ

薬キャリ
ファルマスタッフ登録はコチラ

© 2012 薬剤師紹介会社ランキング